クラスTシャツを個性的に着こなそう!

クラスTシャツを個性的に着こなそう! クラスTシャツを個性的に着こなすには、自分の体格に合ったサイズを選ぶことが前提です。
クラスTシャツは、体育祭やイベントで着る衣類なので、スリムでスタイリッシュに着こなせれば同じクラスTシャツを着ていても個性的に見せることが可能です。
クラスで生地を選べる際は、スポーツ用でも「綿」素材やポリエステル製を選び、ジャストサイズで着た場合、身体の骨格と輪郭をストレートに見せることができます。
個性的な着こなし方は、ポロシャツタイプであればボタンを1つ開けて首回りや鎖骨を見せると女性も男性もセクシーに見せられます。
袖が長いタイプのシャツだと、1cmぐらいの幅で2枚か3枚にめくり上げると、腕を細く長く見せられる着方が可能です。
また、クラスTシャツは、メンバー全員での着用が想定されますが、組み合わせるハーフパンツやジャージに制限がない場合は、コーディネートの相性次第で、かなりオリジナリティを出すこともできます。

クラスTシャツはのつけ襟を付けて着こなす

クラスTシャツはのつけ襟を付けて着こなす 体育祭や文化祭などで製作する機会の多いクラスTシャツを上手く着こなすポイントとして、つけ襟が有効です。
今や定番となっているアイテムのひとつで、メイドカフェなどをするクラスには雰囲気に合った着こなしをすることが出来ます。
レイヤードスタイルが完成するのでぐっとお洒落に着こなすことが出来ます。
アクセサリー感覚でコーディネートの印象をガラリと変えてくれるので、お洒落初心者でも簡単に使用することが出来るアイテムです。
丸襟やビーズ付きなど様々な種類が販売されているので、ガラッと印象を変えてみましょう。
重ね着するより涼しく着こなせるのもメリットです。
つけ襟にプラスして更にあえて大きいサイズを購入してワンピース風に着てみたり、ハサミを入れて自分流にアレンジするのもおすすめです。
大胆にクラスTシャツの袖を切り落として短くし女の子らしく可愛くしてみたり、Tシャツの裾や袖をフリンジ風に切ってみるのも個性的な着こなしが出来ます。